化粧品は顔に付けるものなので、一番気になるのはテクスチャーです。

私は化粧水はとろみのあるものよりはサラッとしていて、肌に染み込んでいく感じが好きです。

次に気になるのは香りです。

適度に香る爽やかな香りが理想なのですが、なかなか理想のものが見つかりません。

サンプルがない場合は確認できないので、香りを確認せずに買ってしまったけれど、どうしても使えず捨ててしまったこともあります。
なので、現在は無香料のものを選んでしまいがちですが、常に理想の香りを探しています。

そして成分です。

40代ですので乾燥が気になりますので、乾燥によい保湿成分を重点的に見ています。

最後に値段です。

高すぎるとつけるときにケチケチしてしまいそうなので、値段と量を見て、この値段ならケチケチせずにつけられそうだな、と思える額のものにしています。

これまでの条件で絞って、まだ複数の選択肢がある場合は容器のデザインで選びます。

毎日使うものなので、好みの容器だと楽しい気持ちになります。

年齢など、自分の努力ではどうにもならない部分を補ってくれるものだと思っています。

小さな子供がいますが、お風呂上りに何もつけなくても、まったく問題ありません。

どうして突っ張らないのか本当に不思議になりますが、皮膚が十分に潤っているということなのでしょう。

やはり40代になると、どんなに気を使っても、メイクしない日でも、洗顔後に化粧水をつけないなんてありえません。
ですから、年齢という自分では抗えないものを補ってくれているな、と感じます。

そして、突っ張る自分の肌に化粧水をパッティングする瞬間は癒しの時間でもあります。

自分に水分が入っていく感覚は非常に気持ちがよく、長めの時間をかけて楽しんでいます。

ですから、基礎化粧品を選ぶポイントでも書きましたが、好みの香りの化粧水をつけるときは本当に癒されて、幸せな気持ちになります。

クレンジングは面倒な作業ですが、化粧水をつけるためだ、と思ってどんなに疲れていて面倒でも必ずやっています。

一言でいうと、あこがれの化粧品です。

CMに出ている方は信じられないほどきれいなお肌をされていますし、口コミでも効果があると読んだからです。

お値段が高いので、いつかは・・・と思いながら40代になってしまいました。
早く始めたほうがいいと聞いたことがあるので、早く使いたいなと思います。

また、CMから感じる印象ですが、化粧品メーカーとして素晴らしい会社だと感じています。

衛生的な環境で作られる信頼感のある化粧品だと思います。

CMで綿棒で最後の最後まで使うシーンがありましたが、使い捨てのような売り方ではなく、自信のある商品を最後まで大事に使ってほしいという考え方の表れだと思いますので、交換が持てました。

そして、女性の社員が働きやすいようにいろいろ工夫されていると伺いました。

自分も働いてみたいと感じました。

女性のための商品を作る会社ですから、今後も是非、女性の働く環境のお手本になるような会社でありつづけてほしいと思います。
ドモホルンリンクル